ゆる~くやってるバターコーヒーダイエット【レシピと道具と作り方】

ゆる~くやってるバターコーヒーダイエット【レシピと道具と作り方】 その他

なんか、「バターコーヒーダイエット」ってあるらしいね?

何それ?おいしいの?

コーヒーにバターを入れて飲むなんて、ちょっと引くんですけど。

それに、作るの面倒ぢゃね?

 

私はバターコーヒーダイエットに興味を持って、2020年3月から始めました。

バターコーヒー飲み始めました。
グラスフェッドバターとMCTオイルはAmazonで、クリーマーはダイソーで調達
バターとオイルは大さじ2杯にして飲んでますよー
濃いカフェラテっぽくてイイね

この記事では、そんなバターコーヒー未経験者の方に向けて、和蔵が飲んでいるバターコーヒーのレシピと作り方と使っている道具を紹介しますよ。

スポンサーリンク

バターコーヒーのレシピ

冒頭のツイートはバターコーヒーダイエットを始めたときのもので、その時はバターには「ギー」を使っていました。

王道のグラスフェッドバターを使ってみようかなと思い、2020年6月14日からはレシピを変えました。

この記事では最新のレシピで紹介しますね。

バターコーヒーダイエットは、これまではギーとmctオイルの瓶詰めのやつ使ってました。

明日からは、グラスフェッドバターとmctオイル別々に購入したので、それでやってみます。

経過報告しますねー

バターコーヒーのレシピは下記の通りです。

レギュラーコーヒー 豆 約10g(1人前)
グラスフェッドバター 10g
MCTオイル 10~15g

私が使用している材料を紹介

先ほど紹介したバターコーヒーのレシピで、実際に私が購入して使っている材料を紹介します。

レギュラーコーヒー

あまり拘りはせず、自分が好きなコーヒーを選んでいます。

カルディのイタリアンロースト(最近見かけない・・)やモーニングまたはアメリカンが好きです。

今は奥さんが好きなAmwayのフレンチローストにしています。

本当に強い拘りがなく、コーヒーを切らしたときは近所のスーパーやドラッグストアにある「おいしそうな」500円/200gぐらいのものにするときもあります。

一番重要なのは「続けること」かなと考えているので、ストレスフリーで自由に選んでいます。

Amwayのコーヒー豆(フレンチロースト)Amwayのコーヒー豆(フレンチローストの味)

↑今、飲んでいるAmwayのフレンチロースト

酸味がなく、深煎りで苦みが強めのものです。

私は酸味強めですっきり系が好みですが、今のタイミングでは奥さん好みのものをチョイスしました~

グラスフェッドバター

”牧草のみを食べて育った牛のミルクのみで作ったバター”ということです。

(穀物を食べていない)

このバターの良さの説明は省略しますね(^^;

以前はギーを使っていたのですが、それも同じくグラスフェッドバターが使われていました。

 

飲み比べてみた私の感想としては以下の通り

  • ギー: ミルク感が強く甘みも感じる(カフェラテっぽい)
  • グラスフェッドバター: 飲み味すっきり(コーヒーフレッシュを入れたコーヒーの感じ)

 

私の場合はグラスフェッドバターの方の味が好きです(今、コレで続けています)。

ギーは3種類ほど変えてみましたが、どれも同様の風味で大差ありませんでした。

MCTオイル

MCTオイルとは中鎖脂肪酸オイルのことで、ココナッツやパームなどヤシの油で作られたものです。

この良さも、この記事では省略しておきますね(^^;

 

ギーを使っていた時はMCTオイルも含まれていたので、個別には購入していませんでした。

今、使っているのはAmazonや楽天でも人気商品の「仙台勝山館MCTオイル」です。

MCTオイルにも、ココナッツ100%とかパームヤシとのミックスだったりするものがありますが、これはココナッツ100%のものです。

ココナッツオイルだと「酸化に強く、熱にも強い(180℃まで)」というメリットがあるので、ココナッツ100%のがおすすめなんですよ。

バターコーヒーを作る道具

「コーヒーにバターを入れて混ぜる」だけで作れるんですけど、普通にスプーンで混ぜても美味しくないし、ダイエット効果は恐らくないと思います。

メインは「混ぜる」ための道具ですが、この記事のタイトルにもあるように「ゆる~く」できる道具もあるので紹介しますね!

ブレンダー

絶対にブレンダーは必要です。

  • スプーンでは混ざりません
  • シェイカーは飛び散る可能性あり&片付けが面倒(油がややこしい)

 

ブレンダーをAmazonで探してみましたが、結構良いお値段するんですね。

ダメ元で100円均一のダイソーに行って、代用品でも何かないかな~なんて探検に行ってみました。

 

すると、あったんです。

「カプチーノミキサー」っていうので、たったの100円ですよ。

ダイソーのカプチーノミキサー

たったの100円ですが、混ぜる能力としては問題ありません

(お高いものと比較はできていませんが、ちゃんと混ざります)。

コーヒードリッパー

コーヒードリッパーは我が家に既に2つほどありました(陶器製とプラスチック製)。

ですが、上記のブレンダーをダイソーで探し当てたときに、いい仕事しそうなドリッパーがあったんですよ。

 

それが、コレ↓

ダイソーのコーヒードリッパー

ステンレスっぽい素材で伸縮するワイヤータイプのドリッパーです。

上の写真は縮めた状態のもの。

これ、何が良いかというと収納性ではないんです。

私は、「後片付けの手間」に注目しました。

 

通常のドリッパーは使用後は洗剤で洗いますよね?

でも、このワイヤータイプのやつって水洗いでよさそうじゃないですか?

駄目?

 

いや、私はこれを使い始めて4ヶ月経ちますが、水洗いで何も不自由ありませんよ。

茶渋(コーヒー染み)もないし、置き場にコーヒーの跡が付着することもありません。

忙しい朝にズボラできる、お勧めの一品です!

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーの作り方の概要は下記の通りです。

  1. カップにバターを入れる
  2. コーヒーを淹れる(ドリップする)
  3. MCTオイルを入れる
  4. ブレンダーで混ぜる

簡単に言うなら、「コーヒーにバターとMCTオイルを入れて混ぜる」だけです。

簡単なのですが、私が毎朝実際にやっている手順で作り方を紹介していきますね。

1.お湯を沸かす

我が家は電気ポットを常用しないため、朝のこのバターコーヒーのためだけにお湯を準備しなければなりません。

だけど、、、お湯沸かすの面倒くせえ

  • 電気ポットは時間がかかるし、そのあと他に使わない
  • やかんだと、たった1杯のコーヒーのために片付けが大げさ
  • 電気ケトルはもっていなくて、場所をとるため購入の許可下りず

そんな状況で、いまやっているのはレンジで沸かしています

 

耐熱カップに200ml強の水を入れて、電子レンジへ投入。

900Wで2分でセットします。

私はここでレンジに水をセットして温めスタートボタンを押してから次の手順に移ります。

そうすると、ちょうど1分30秒ぐらいでコーヒーがドリップできる順番ぐらいになっていてロスタイムがないんですよ。

 

更に更に、計量カップでお湯を必要な分だけ沸かすってことは、片付けが超簡単!

水で濯いでキッチンの水切り用のラックに置いておけば奥さんが片付けてくれます(^^)

2.カップにバターを入れる

あらかじめ10gにカットしておいたグラスフェッドバターをカップに入れます。

ちなみに、あらかじめ10gに切っておいたバターはタッパーに入れて冷蔵庫に保管しています。

取り扱いやすいように、おおよそ3カットずつ1組でラップに包んでいます。

これだと、手もほとんど汚れずに済みますよ。

あらかじめ10gに切っておくのは面倒なんですけど、これは仕事が休みの土日に時間に余裕があるときに、ルーティーンとしてやっています。

3.コーヒーを淹れる(ドリップする)

ドリッパーを使ってコーヒーを淹れます。

  1. カップの上にワイヤータイプのドリッパーを置く
  2. 紙フィルターをセットする(注意点を後述)
  3. 冷蔵庫に保管しているコーヒー豆を10g(コーヒー用計量スプーン1杯)入れる

 

上記の2.で注意点を後述と書きました。

ワイヤータイプのドリッパーの場合は、ドリッパーの形状に合う円錐形の紙フィルターの使用をお勧めします。

我が家には下記の形状の紙フィルターのストックが大量にあるため、円錐形に折って使っています。

この下部の折り目の位置に注意しないと、フィルタに穴が開いてコーヒー豆がカップに流れ込んでしまうんですよ。

ここまでやったら、レンジの温め時間が1分30秒ぐらい経過しているぐらいです。

これでだいたい80℃程度になっているので、お湯を注ぎます。

 

更に、私はここで洗面所に行って顔を洗い髭をそります。

おおよそ5分程度経つので、戻ってきたらコーヒーのドリップが終わってバターも熱で自然に溶けきっている状況になっています。

4.MCTオイルを入れる

ドリップが終わったコーヒーカップにMCTオイルを10g入れます。

我が家のカレー用スプーン2杯でだいたい10gになることをあらかじめ計量しているので、さっさと2杯入れます。

↑ピンぼけすみません<(_ _)>

このあと、ブレンダーで混ぜますが、スプーンに付着したオイルを全てコーヒーに移すためと、スプーンの洗浄のために、軽くコーヒーを混ぜます。

5.ブレンダーで混ぜる

最後の仕上げです。

ブレンダーでよく混ぜます。

コツとしては、コーヒーの上部の浅い位置で混ぜることです(これで良く泡立たせることができます)。

上過ぎるとバターと混じったコーヒーが周囲に飛び散ってしまうため、混ぜ始めにブレンダーにスイッチを入れるときは、コーヒーカップの深い位置にしておくことをお勧めします。

空中でスイッチを入れてコーヒーに沈めると、おそらく飛び散りますので。。

 

深い位置でブレンダーのスイッチをOn

だんだんと混ざって泡が立ってきます。

コーヒーの表面の位置で更に混ぜて行きます。

そして、見た目もクリーミーなバターコーヒーのできあがり~

私はこのあと、朝のニュースを見ながら、約5分かけて飲み干します。

バターコーヒーダイエットの成果(4ヶ月)

そんな感じで毎日のバターコーヒー生活を送っています。

バターコーヒーを始めて、既に4ヶ月が経過しました。

コーヒー切れとか土日の起床が遅くなったとかの理由で数回は飲まない日もありましたが、ほぼ毎日飲み続けています。

 

さて、気になるダイエットの効果のほどは、、、

開始日(2020年3月3日) 86.7kg
現在(2020年7月11日) 85.4kg
減量 -1.3kg

直近1ヶ月の体重の推移は下記の通りです。

かなりの凸凹があって、4ヶ月という短くはない期間で、たったの-1.3kg?

って感じでしょ(^^;

私がおおよそ、86kgですから、それで1.3kgって誤差範囲っぽいですよね。

 

今のところダイエットとしての効果はこの通りなので、ダイエットにお勧めですよという根拠にはなりませんね。。

 

ですが、私はバターコーヒーは続けます。

その理由は3つあります。

  1. 増加傾向だった体重が少しながらも減少傾向
  2. 体に良いはずなので続ける価値あり
  3. コーヒーが好きだし、バターコーヒーも美味しい

まとめ

私はバターコーヒーダイエットをゆる~く実践中です。

朝の忙しい時間でもできるだけ手間の掛からない方法で、ストレスを減らして、とにかく継続することに重点を置いて、実際に4ヶ月続けられています。

また、バターコーヒーダイエットの教本も読みながら、本気で体重を落としたいと思ったら運動も取り入れたりして取り組んでいきます。

 

コメント