グリーンクリスマスには2つの意味がある?【見た目と環境】

その他

グリーンクリスマスってあまり聞きなれないクリスマスワードではないでしょうか。

「グリーン」で何となく想像はできるかもしれませんが、

そうなんです、見た目(⇒色)と環境(⇒エコ)での視点で2つの意味があります。

この記事ではグリーンクリスマスの2つの意味について解説します。

スポンサーリンク

グリーンクリスマスの1つ目の意味(見た目のグリーンクリスマス)

見た目のグリーンクリスマス

グリーンクリスマスの1つ目の意味は単純に見た目が緑色のクリスマスであることを指します。

雪が降らない12月25日のクリスマスのこと

グリーンクリスマスの対義語はホワイトクリスマスです。

 

ホワイトクリスマスは雪が降った時に「今年はホワイトクリスマスだね~」なんて言いますよね。

 

また、歌や映画でもクリスマスを題材にした「ホワイトクリスマス」もありますね。

 

クリスマスを色で表現するときの代表格としては「ホワイトクリスマス」はみんなが知っているキーワードです。

 

日本人がグリーンクリスマスを聞きなれない・使わない理由としては、

身近にホワイトクリスマスを見聞き・体験する機会があり、また歌や映画の情景として描かれるようなロマンティック感や特別な事柄としている一歩で、雪が降らない(グリーンクリスマスの状態)は普通でロマンスが起きないような気持や、何なら残念な気持ちさえ持つこともあったりするからではないでしょうか。

私は九州人なのでホワイトクリスマスの特別感が半端ないのですが、豪雪地帯では、逆に雪降るなよって環状化もしれませんね(^^;

南半球でのクリスマスのこと

”サンタクロースがたくさんのプレゼントをソリに乗せて、今、フィンランド・サンタクロース村から世界中の子供達のところに向けて出発しました~”

なんていうのをテレビのニュースで毎年見ませんか?

 

一般的には赤白の帽子とモコモコの服を着たサンタクロースが雪の中をトナカイが引くソリに乗っている姿が印象的ですよね。

 

ですが、南半球では北半球の日本とは季節が逆転するためクリスマスシーズンは夏です。
(サーフィンをしているサンタクロースって何かでみたことありませんか?)

 

南半球ではクリスマスそのものがグリーンクリスマスってことになります。

 

グリーンクリスマスの2つ目の意味(環境のグリーンクリスマス)

環境のグリーンクリスマス

2つ目の意味のグリーンクリスマスは、環境に配慮した、いわゆるエコなクリスマスを表します。

 

環境に配慮したエコなクリスマスとは、例えば下記のようなことを指します。

  1. プレゼントに配慮する
    • 適度な量
    • リサイクル資源で作られたものにする
    • バッテリーを使用しない贈り物にする
  2. 生きた木に飾り付けする
  3. 簡易的な包装にする

引用:eartheasyホームページ URL:https://eartheasy.com/

また、WWFジャパンは2016年に

『クリスマス前により環境に配慮した形で楽しむ方法を「グリーンクリスマスまでにしたい10のこと」として、トナカイの目線から提案します。』と記者発表しました。

 

  1. プレゼントは、環境によい商品を選びましょう!WWFの通販「パンダショップ」からはエシカルジュエリーがオススメ。
  2. お出かけには、地球温暖化の主因となるCO2の排出が少ない公共交通機関やソリを利用しましょう。
  3. クリスマスカードはFSCマーク付きのカードや、Eカードで送りましょう。
  4. スペシャルなお料理には、海のエコラベルMSCやASCマークがついた食材や、地産地消の食材を使いましょう。
  5. 地球からの恵みに感謝して、お料理は出来るだけ残さずにいただきましょう。
  6. クリスマスは、ミツロウキャンドルで地球にも優しいあかりを灯しましょう。
  7. クリスマスツリーのデコレーションはLEDライトでライトアップしたり、季節の自然の素材で飾りつけましょう。
  8. 暖房の温度設定を18℃に!環境にもお財布にも優しく、北極気分を楽しみましょう。
  9. WWFの地球温暖化防止の活動を応援して、「ホッとトート」をもらおう。動物たちが「ホッと」できる地球に!
  10. 12月25日のグリーンクリスマスを、環境問題と自分との関係を見直す機会にしてみましょう!

引用:WWFジャパン URL: https://www.wwf.or.jp/press/523.html

上記内容は2018年にもtwitterで発信もされています。

クリスマスは特別な日として世の中ではオフィシャルでもプライべートでもいろいろたくさんのイベントがありますよね。

大勢の人がプレゼントを買い、車で出かけたり、クリスマスツリーに電飾で飾り付けをして、おいしい料理も食べます。

 

”お祭り”は悪いことではありませんが、環境への悪影響が生じてしまうこともあるんですよね~

 

グリーンクリスマスを意識することで、人間が楽しむことだけでなく地球にも感謝する機会にできそうですね!

まとめ

「グリーンクリスマス」には緑色を表す雪が降らないクリスマスと

エコを表す2つの意味があります。

日本人にはあまり馴染みのないワードですが、この機会に、雪が降ってホワイトクリスマスであっても中身はエコなグリーンクリスマスにして見るのもイイですね!

コメント