ハッカとミントとは違う?効果は?【同じところと違うところ】

その他

「ハッカ」と聞いたら何を連想しますか?

え?ミントのことじゃないの?って思いませんか。

私の場合は、じいちゃんが好んで舐めていた「ハッカ飴」とか単純に「ハッカ油」という単語を連想します。

また、「ハッカ」と聞いただけで緑色の葉っぱの映像と鼻にスーッと抜ける清涼感が湧いてきませんか?

でも、「ミント」も同じ印象で、使い分けってしているようでしていない?

この記事ではハッカとミントの違いとハッカの効果についてまとめました。

ハッカって何よって方は是非読んでみてください。

スポンサーリンク

ハッカとミントの違い

ハッカとミントは同じものかと言えば、ほぼ正解なのですが単純に日本語と英語の読み方が違うだけというわけでもありません。

大括りの種類として総称が、下記の通り異なります。

  • 日本語「ハッカ」
  • 中国語「薄荷」
  • 英語「mint(ミント)」
  • ラテン語「mentha(メンタ)」

大きな括りとしては上記の通り「ハッカ=ミント」で間違いではありません。

植物の分類としても シソ目/シソ科/ハッカ属 です。

ですが、総称ではなくハッカやミントには植物の種類「モノ(種)」がいくつかあります。

ハッカの種類

ハッカ=ミントではいという視点でいえば、植物の分類の「種」が異なります。

ハッカ(Japanesemint) ミントとの区別としては「和種ハッカ」といい、日本在来種の「ニホンハッカ」のことです。

ハッカの特徴は主成分の「ハッカ脳(メントール)」の含有量が高く、これがミント(洋種ハッカ)との違いの1つです。

また、外国産のミントに比べて甘い感じがないため、気分を高揚させるにも落ち着かせるにも効果が高いという評価もあるそうですよ。

ミント(Peppermint) ハッカとの区別としては「洋種ハッカ」といい、ハッカ・ミントの代表とも言える「ペパーミント」のことを指します。

ペパーミントはスペアミントとウォーターミントの交雑種です。

和名は「コショウハッカ」「セイヨウハッカ」です。

スペアミント(Spearmint) 料理に使うミントの代表格です。スペアミントも洋種ハッカの1つとして括られることも多いようですが主成分がことなるため区別されます。

ちなみに、和名では「ミドリハッカ」「オランダハッカ」「チリメンハッカ」です。

ハッカの用途と効果

日本では薄荷油(焼酎の製法をヒントにした蒸留法)を抽出し、輸出していて日本の独占品だったために洋種ハッカと区別して”Japanesemint”と呼ばれたとの一説もあります。

この抽出した原料が食品や生活用品またはタバコなどの香料とされています。

ハッカ飴とか煙草のメンソールは代表的なものですね。

効果としては、主成分のメントールの特徴的な働きがあります。

  • 爽やかな香り
  • 冷熱感(気化熱を奪う)
  • 鎮痛作用/炎症の軽減
  • 生物に対する忌避効果

ハッカは栽培できる?

結論: ニホンハッカは栽培できます。

ハッカって日本の在来種だったんですよね。

育ててみたくなりませんか?(^-^;

 

近所のホームセンターにニホンハッカの苗が売られていました。

(一株158円(税別))

売られていたニホンハッカの苗

また、ニホンハッカの苗がAmazonのサイトからも出品されていました。

 

 

なお、これは曖昧な情報ですが、、、ミントは繁殖力が高いので庭に直植えしないようにと耳にしたことがあります。

我が家でも何かしらのミント(その当時、ミントもハッカも区別知らず)を植えていたことがあり、確かにどんどん生えていました。

更に余談ですが、同じエリアにローズマリーを植えたら、現在、ローズマリーの林と化しています。

ここの詳細は省きますので、栽培される方は下記のページを参考にしてみてくださいね(外部リンク)。

404 エラー : @niftyホームページサービス

その他のハッカ情報

これは個人的に興味のある情報なのですが、ハッカには花粉症の症状を抑える効果もあるそうですよ。

花粉症シーズンは鬱陶しくて暗い気持ちになってしまいますよね。

メントールで鼻通りも良くなり、炎症も抑えてくれるなら、これは試すしかないですよね~

具体的な効果や用法は商品の説明をお読みください。

まとめ

ハッカとミントは同じともいえる(総称)し、違うともいえます(種類)。

日本の在来種のニホンハッカは洋種に比べてメントールの含有量が高いことが特徴です。

ニホンハッカの苗はAmazonでも購入できます。



コメント