dTVはコスパ抜群!海外ドラマもミュージックビデオも見放題

ビデオのイメージ画像 その他

私はdocomoのVOD「dTV」を契約し、ビデオライフを楽しんでいます。

 

数年前までは、ビデオと言えばビデオレンタル屋に行って借りるのが我が家のスタンダードでした。

しかし、今はビデオを借りてくることは年間でも数える程度になってしまいました。

自宅、いや、外出先でもビデオが見られるVODって、ビデオ好きにはたまりませんよね(^^)

 

でも世の中にはVODはいろいろあって選択に困りませんか?

実は私もdTVにたどり着くまでは他のVODを視聴したり契約したりして、現在dTVに落ち着いたという状況です。

この記事では、dTVにしようかどうしようか迷っている方の選択の手助けになればと思って書きました。良かったら最後まで読んでみてくださいね。

[ad]

スポンサーリンク

dTVとは?

このページを見ている方はdTVのことはご存知かもしれませんが、簡単に紹介するとすれば、

「NTT DOCOMOが提供するVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスで、映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品が500円で見放題」です(運営はエイベックス通信放送)

ワンコインでどれだけ見ても見放題(有料作品もあります)です。

ウチの嫁さんが韓国ドラマ「トンイ」にハマった時、一気見するもんだから本当に見放題かどうか怖くなってホームページで確認したりしました。従属課金や一か月の上限の記載も見当たらなかったのですが、料金引き落とし時もお約束通り500円(税抜き)でホッとしたなんてこともありました。

★韓国ドラマ

dTVで視聴できるジャンル

ジャンルは、「映画(邦画&洋画)」「TVドラマ(国内&海外&韓国)」「アニメ」「バラエティ」「ミュージックビデオ」「カラオケ」「マンガ」「ニュース」「フィットネス」「オリジナル作品」などがあります。

dTVの犯罪捜査系海外ドラマや映画が好き

私は犯罪捜査系の海外ドラマや映画が好きです。

TVドラマでは「MI-5」「メンタリスト」「フリンジ」など。

映画では「ミッションインポッシブルシリーズ」「007(ダニエル・グレイグ出演)」あたり。ベタですが。

 

見始めると、映画を続けてみたり、TVドラマは「次の回まで」と決めても、また次の回とエンドレスな状態に陥ってしまいます(^^;

操作しなくても自動的に次に進むので、「あ~あ、止めようと思ったのに」とdTVのせいにしたりしながら。。

dTVではミュージックビデオも楽しめる

特に魅力的でおススメなのが「ミュージックビデオ」「カラオケ」です。

歌好きの私にはこれがドはまりして、他のVODにはなかなか切り替えることができません。

Youtubeでは著作権もあるし、お好みのMVをなかなか見られませんよね。

ですがdTVなら見られます。

 

私の知識不足だと思いますが、MVをYuotubeでない媒体で安心して(危ないサイトではない)観ようとしたとき、他にはiTunesで買うしか手はないものだと思っていました。

 

そんな情弱な私でも(^^; dTVで音楽が楽しめちゃいます。

 

ただ、曲の網羅性というか歌手に偏り(エイベックスが運営しているという特徴でしょうかね?)があるため好きな歌手がいなければ空振りかもしれません。

 

私が好きな曲Top10の記事「勝手にランキング!好きな曲~男性ボーカリスト編」でナンバー1にしたKREVAの「音色」も配信されていますよ。

dTVのマンガはちょっと特殊だけど楽

「マンガ」はちょっと特徴があります。kindleのようなペラペラめくるような見方ではなく、漫画の絵に合わせて、キャラクターの声や効果音が流れ、自動的に漫画のコマを進めてくれます。

ズボラな私でもスマホを眺めているだけで読み進めてくれて、ラクに見ることができます。

(早送りもできる)

ですが、これはペラペラめくりの方が好きな方もいると思うので、好みが分かれるところでしょう。

他のVODの感想

私はdTVの他にもVODを契約したことがあります。

現在はdTVだけですが、比較のために他のVODの感想も少し書いておきますね。

ビデオパス(au)

 作品数:約1万本、月額:562円(税抜き)

 

私の携帯電話キャリアがauなため、最初に契約したVODはビデオパスでした。

auユーザなら気軽に安く見られることはお勧めです。

ジャンルはスタンダードな「映画」「ドラマ」「アニメ」「バラエティ」など。

ミュージック/カラオケはありませんでした。

 

私は家族みんなでリビングで見たかったため、auの「Smart TV Stick」(購入当時、約10,000円)も購入して使用していました。

ビデオパスの良いところ

安い・お得

 月額はdTV500円に対して、562円と高いのですが、実は毎月「ビデオコイン」という有料作品の視聴に使用できるポイントが「540ポイント(540円相当)」もらえるのです。

そのため、実質無料に近い金額で見放題と有料作品が見られます。

 Netflix

 作品数:非公開 月額:800円(税抜き)

 

Netflixはビデオパスの解約後に契約しました。

私は実は数年前に「MI-5」のシーズン8を見て、「MI-5」が好きになりました

当時はスカパーe2のFOXチャンネルでやっていたという記憶があるのですが、その後、FOX CRIMEに移ったことで、見られなくなりました(我が家では)。

 

その後、VODを選択する基準としてMI-5が見られるかどうかは優先順位が高かったのです。

しかし、私が知る限り・調べた限りではHuluかU-NEXTでしかMI-5は観られませんでした

我が家の貧しい家計では、1000円オーバーのVODにお金をかけることはできません(^^;

そこで800円のNetflixに望みを託し、今後MI-5が配信されるであろうことを願って契約しました。

 

Netflixの良いところ

オリジナル作品が数多くあります。

Netflixの作品は殆どがオリジナルではないか(過言?)と思うぐらい多いです。

 

私は犯罪捜査系やサスペンス、または軽めのホラー(血みどろは嫌)が好きなのですが、このジャンルの作品が多いと感じました。

 

これがまたドラマでシーズン1から始まって、なので無限ループに陥ってしまいます。

オリジナルでないものも、有名どころの作品もあり、本数非公開ですが他のVODとは比較的数が少ないと言われています(数千本?)が、私としては大満足でした。

結局は解約しましたが、観たい作品がないという訳ではありませんでした。

何故dTVにしたのか?それはコスパ

dTVはもともとはドコモのサービスで開始されました。

私はauユーザなので全く検討の範囲に入っていなかったんです。

 

その後、2014年にdTVがキャリアフリーになったため選択肢の中に入りました。

すぐに興味を持った訳ではありませんが、徐々に、12万本という作品の多さと月額500円のコスパに惹かれて行きました。

そして、とうとう契約を決めた理由は「ミュージック・ビデオ」と「カラオケ」です。

 

私は音楽が大好きで、別の記事には好きな曲ベスト10を挙げているほどです。

 

 

dTVではそんな音楽を視聴したりカラオケもできるという、私的にうれしいジャンルもあることを知りました。

 

それで、モジモジしていた私がdTVを契約する決断に至りました。

ほんと、たった月額500円なのに大袈裟な決断ですよね(^^;

#でもこういうのって、私の頭の中ではドラマティックに展開するんですよ。

 

そんなこんなで、今はdTVのある生活を送っています。

 

dTVは契約する前に31日間の無料お試し期間もあります。

お試しのためには、契約に向けてクレジットカードの登録が必要です。

また、ドコモユーザでない場合は「dアカウント」を登録する必要があります(dアカウントの登録は無料でできます)。

 

まずは契約前に無料視聴で自分に合っているサービスかどうかが確認できます。

dTVは解約の経験はありませんが、気にいらなければ無料期間内に解約の申し込みをすれば課金されることはありません。

※ビデオパスとNetflixの解約も簡単にできましたしトラブルもありませんでした。dTVのことではありませんがご参考まで。

 

楽しみ方はお好みの通りになのですが、ミュージックビデオはお勧めですよ

 

dTV  

コメント