眠気覚ましの方法はないの?運転中の対策とは

車の中で寝る男性 その他

>>直ぐに眠気覚ましの方法を見る<<

家族で少し遠出して行楽地や買物に行ったあと、

「帰りの車の運転が怖い」なんてことありませんか?

 

居眠り・・・これが怖いんですよね。

 

一日遊んだり歩き回ったりして、そのあと帰り道に

ファミレスや高速のSAで晩御飯を食べて運転をしていると

間もなく睡魔がやってきます。

 

さっきまで楽しく話していた奥さんや子ども達は

ふと気づくといつの間にか寝息を立てています。

 

これから孤独の戦いが始まります(^^;

 

スッキリ目が覚める方法を調べてみました。

スポンサーリンク

即効性のある眠気覚まし

大声を出す・歌う

歌う男性

もし、1人で運転していたり奥さんやお子さんたちの

許可が得られるなら、コレ。

 

「あ~」でも「う~」でも「ごぉ~」でも良いので、

思いっきり声を出してみてください。

 

またはアカペラで大きな声で歌ってみてください。

 

但し、これは昼間の一般道路ではちょっとご注意ください。

明るいし速度が速くないため

大声と凄い形相が周りにはしっかり聞こえ・見えますよ。

 

でも、居眠り運転は防がなくてはならないため緊急事態の際は

お試しください。

大声を出すときでもしっかり前を見て運転しましょう

コーヒーを車の外で飲む

コーヒー

もし、車を停めることができる場合は、

一旦車を降りてコーヒーを飲んでみましょう。

 

車の中でコーヒーを飲むのではなく、

自分で自販機に買いに行くのです。

 

コーヒーを買うために車から降り、ポケットから

小銭入れを引っ張り出し、その中から小銭を

130円ぐらい取り出して自動販売機のコイン投入口に

小銭を入れ、コーヒーの種類を選んでボタンを押す。

ついでにトイレに行っておこうか・・・

なんてことをしていたら、それだけで眠気が覚める場合もあります。

 

体を動かして更にコーヒーも飲む。

ご存知の通り、コーヒーのカフェインが

「中枢神経興奮作用」をもたらすので

精神を高揚させることで眠気防止につながるのです。

 

眠気覚ましのガムを噛んで水を飲む

火と水

眠気覚ましのガムの「BLACK・BLACK」

「メガシャキ」を噛みます。

 

「メガシャキ」にはガムの中に

ショウガとトウガラシ入りの発泡パウダーが入っています。

辛いです。

 

ただ、これだけではまだ眠たいので、

ガムを噛みながら水を飲みます。

 

すると、辛さ(スースー度)が倍増して目が覚めるかも。

 

ガムではなく、ミントやメントールきつめの

タブレットでも良いです。

 

食べ過ぎるとおなかが緩くなる可能性があるのでご注意ください。

眠気覚ましの確実な方法

寝ているクマ

仮眠です。

 

車が停められるという状況に限ってしまいますが

仮眠して眠気の原因を潰してしまいましょう。

 

仮眠は眠る時間に要注意です。

眠気が覚める有効な仮眠時間は

「10~20分」言われています。

 

これぐらいの長さにしておかないと深い

眠りに推移してしまい、

眠る時間を更に長くとらなければ眠気が

とれないそうなんです。

 

また、コーヒーを飲んだ時のカフェイン効果が

効いてくるのが20分後なので、

仮眠の前にコーヒーを飲んで20分の仮眠をとれば

より効果的ですね。

 

車のシートを倒したり、首枕を使ったりして

体が痛くならないように注意してくださいね。

ハイテクな眠気覚ましの方法

ロボット

メガサメプレート

運転中に手のひらや腕を氷点下温度で

急激に冷やして眠気を吹っ飛ばす

「メガサメプレート」

 

運転席と助手席の間のシフトレバー付近に装着し、

ひじ掛けのような位置付けになります。

 

眠くなったらスイッチOn。

メガサメプレートが急激に冷えて、

手のひらや腕を冷やして眠気をとばしてくれます。

 

電源はシガーソケットからとります。

価格は6,980円です(サンコーのホームページに掲載)。

 

狭い車内に常備するかどうかは判断が分かれるところですが

価格と効果は魅力的ですね。

価格は「サンコー」のホームページをご確認ください。

アラーミー

国土交通省認定商品の「アラーミー」は

居眠りやわき見を管理して、危険を探知したら

大音量のアラームと音声で注意を促す装置です。

 

カメラで運転者の瞳孔の状態を記録し、

瞼の開いている距離から、危険度を判断するのです。

 

カメラとAIの技術を使ったもののようです。

 

価格が確認できなかったのですが、お高そうです。

アラーミーの販売元のホームページを確認したところ

自家用車向け(一般用)ではなく、危険物運送やバスなど

業務用途として紹介がありました。

 

 まとめ

  • 即効性なら「大声・歌」
  • 確実性なら「仮眠」
  • 低価格化が進めばハイテク機器も

安全運転でお願いします!

 

コメント