プログラミング教育2020年必須化への取り組み方(おススメのプログラミング教室・教材)

子育て

2020年度から小学校でプログラミング教育が必須化されますね。

これを機会にお子さんの習い事の候補として「プログラミング」もあがってくるのではないでしょうか。

プログラミング教育の重要性と取り組み方を解説します。

また、記事の最後にプログラミング教室と教材を紹介しますね。

スポンサーリンク

プログラミング教育の要点

小学校のプログラミング教育必須化の要点は下記のとおりです。

  • 情報活用能力を学習の基盤となる資質・能力として位置付けて育成する
  • 情報活用能力の育成のためにプログラミング教育を行う
  • プログラミング教育は「プログラミング的思考」を育成するもの
  • プログラムそのものを作る「コーディングを覚える」ことを目的とするものではない
  • 「プログラミング的思考」とは、自分が意図する一連の活動を、プログラムの中で動作を指示させ、またその動作の組み合わせによって実現させることを論理的に考える力のこと
  • 小学校でプログラミング専門の教科を設定するのではなく、算数や音楽など教科の中にプログラミングの教育を織り込む(例えば、図の作成をプログラムする)。

目指すところは、プログラマーを目指すような教育ではないということです。

 

現在はIT技術が身近にあります。

パソコンやスマホは身に着けるほどになっていますし、電車に乗るのも切符よりICカード(suicaやpasmo)が主流になっています。知らないところにセンサーがついていたりして、AI(人工知能)も段々と賢くなってきました。

このような世の中で、子ども達はIT技術の存在や仕組みを認識でき、膨大な情報の中から適切に取捨選択していかなければなりません。

またIT技術を大なり小なり使いこなし、自分の意図する行動に繋げられるようにならなければなりません。

その対応する能力をきちんと学校でも教育して行こうというのが、2020年度から開始されるプログラミング教育ということなのです。

 

学校外のプログラミング学習の必要性

学校で教えてくれるのだから、わざわざ塾のように勉強しなくても良いのではないかと思いませんか?

はい、その通りです。

学校ではカリキュラムが組まれますので、他の教科と同じと捉えれば全員が学校での授業の他で学ばなければならないという訳ではありません。

文部科学省のホームページに掲載されている「小学校プログラミング教育に関する概要資料」でも、

”情報活用能力を言語能力と同様に学習の基盤である”と書かれています。

英会話教室に通ったり、公文で国語を習ったりすることと同じように、好きなことや得意なことを伸ばしたり、苦手なところを補ったりすることと同じように捉えれば良いと思います。

 

一時期の英語学習の「これからは英語力は必須」と言われ始めたころと同様に、「これからはプログラミング力(ITを使った思考能力)が必須」と言われるようになるタイミングなのではないでしょうか。

その時代の流れに乗って人よりも一歩先を進んで力を付けておくことは大きなアドバンテージになるでしょう。

プログラミング学習のメリットとデメリット

小学校教育としてプログラミングが加わることは決定しましたが、力の入れ具合が分からなくないですか?

私はIT企業勤務25年です。また更に、さかのぼって、1980年代中盤(小学生から中学生時代)に「MSX」というパソコンでプログラム自作(一画面の範囲でプログラムを書いてしまう「一画面プログラム」というもの)して遊んでいました。
その中で経験して来たメリットとデメリットをお伝えします。

プログラミング学習のメリット

メリットは小学校でのプログラミング教育必須化の目的と被る部分が大半を占めます。

・論理的思考の向上
プログラムは曖昧さは考慮できません。
YesかNoか、0か1かの世界です。
例えば、出欠を取るときに出席なら〇、欠席なら×という判断をすることです。
更にその1つ1つの判断を組み合わせてある目的を達成させます。
例えば、在籍者のうち出席者が50%を超過しているかどうかを判断するときに、先ほどの出欠の〇の数をカウントして出席率を計算させます。
・自己実現
人が何かをしたいと考えた時に、今後はアナログではなくITを使って実現させることが増えて行きます。
その時にITを巧く使えないと自分のやりたいことや意思表示も正しく伝わらないことになりかねません。
まさに”言語と同様の扱い”になっていきます。
現在は言語をITがフォローしてくれる仕組みがありますが(文章や音声の翻訳)、そのITをITでフォローする仕組みが必要となってしまうため、必要最小限のことは習得していかなければなりません。
・省力化
これは仕事の中では日々頭の中にあります。
手書きの書類を電子化できないか、自動入力できないか。
業務日誌をパソコンの操作記録から自動的に作成ができないか。
など、自分が時間をかけて手を動かさなければならないことと、機械に自動でやらせても良いことを棲み分けていきます。
これをやると省力化だけでなく機械でやらせることで正確性が上がります。
機械にやらせるかやらせないかの判断と、やらせるときの手段選定や実施のためにもプログラミングの知識が重要になってくるのです。

プログラミング学習のデメリット

今後は言語と同じレベルで取り扱われるようになってく一方で、デメリットも考えられます。

決してプログラミング学習を放棄する判断材料としてのデメリットではありません。
やりすぎたり優先順位の決定の要素として見てくださいね。

・実体験の機会損失
ITの中で暮らしていく流れは避けられないことですが、一方で、IT(=バーチャル)の世界だけを重視してしまうと、自然の中での実体験の機会を失ってしまいます。
プログラミング学習を通じて思考能力を高めるばかりでは、リアルな世界での人との関わりや、今後懸念される地球規模での異常気象や災害への関心が損なわれる可能性があります。
時間は有限ですので、バーチャルとリアルの両方のバランスが必要になってきます。
・健康障害
これは今まさに私が体験していることです。
仕事ではほぼ1日中パソコンに向かってデスクに座っています。
同じ姿勢で長時間パソコンの画面を見ているので、目が疲れて腰やお尻に負担がかかります。
適度な休憩が必要なのはわかっているのですが集中するとつい・・
他の教科でもずっと座りっぱなしでやる事には変わりはありませんが、パソコンに向かう場合は負荷も高くなります。

このようなデメリットも理解したうえで、プログラミングのみに偏らない取り組み方を考えていく必要があります。

プログラミング教室・教材の紹介

最後にプログラミングの教室と教材を3つ紹介します(最後に1つおまけ)。

レゴ®ロボットのプログラミング学習

提供元 株式会社アフレル
特徴 あの「レゴブロック」を使った教材です。

レゴブロックでロボットを作り、一方でそのロボットを動かすプログラムも作ります。
まさに遊びながら学べる教材です。

教材は5歳以上向けと10歳以上向けの2種類が用意されています。

世界80カ国以上の教育機関で採用される世界標準の教材で、組み立てやソフトウェアなどの基本的な使い方からプログラムの作り方、学習のすすめ方などを解説したガイドがついています。
お子さん1人でも取り組めるワークブックもついているようで、学習をすぐに始められる内容になっているようです。

↓↓↓5歳以上向けはこちらのバナーから↓↓↓



↓↓↓10歳以上向けはこちらのバナーから↓↓↓

エジソンアカデミーのロボットプログラミング教室

運営 株式会社アーテック
特徴 学校教材メーカーのアーテックが運営する国内最大級のプログラミング教室です。

全国45都道府県に900教室あります。

教材はMIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子供向け教育用ソフト「スクラッチ」をベースにロボット用に改良したプログラミング環境を使います。

体験教室があるので、プログラミングが何であるか、また教室があっているかを確認した上で入会ができるので安心です。

※小学4~6年生向け

↓↓↓【エジソンアカデミー】の申し込みはこちらのバナーから↓↓↓


自考力キッズのパズル×ロボット×プログラミング教室

運営 株式会社アーテック
特徴 学校教材メーカーのアーテックが運営する国内最大級のプログラミング教室です。

全国40都道府県に500教室あります。

パズルとロボットとプログラミングの3つの習い事をまとめて習えてしまいます。

授業は月3~4回×60分です(※教室によって運営手法が多少異なります)。

ロボットとプログラミングに興味が沸いてきたら前段で紹介した高学年向けの「エジソンアカデミー」にも接続が可能です。

体験教室があるので、プログラミングが何であるか、また教室があっているかを確認した上で入会ができるので安心です。

※小学3年生以下推奨

↓↓↓【自考力キッズ】の申し込みはこちらのバナーから↓↓↓

(おまけ)テクノロジア魔法学校

最後に1つおまけです。

小学生の高学年から大人向けの教材で、Web制作・プログラミング技術を本格的に身に付けたい方向けです。お子様と一緒に学習の機会と捉えてチャレンジしたり、お子様の教科の1つとしてだけでなく本気でプログラミングを学ばせたいという方はご覧ください。

運営 ライフイズテック株式会社
特徴 ディズニーの世界を楽しみながら学べるオンライン型プログラミング学習教材です。
夢中になって続けるうちに、いつのまにか本格的なプログラミング力が身につくように作られています。白雪姫からアナ雪まで、ディズニーの物語を通じて学べます。
約1年分の学習ボリュームを自分の好きなペースで進めることができます。オープンキャンパス(無料体験版)の修了者には正式購入金5,000円Offのクーポンがもらえるキャンペーン実施中です(2019年5月6日まで)。※購入者比率(概要): 10歳代…28%、20歳代…29%、30歳代…26%、40歳代…9.7%詳しくは文末のバナーから公式ホームページでご確認ください。

↓↓↓【テクノロジア魔法学校】の申し込みはこちらのバナーから↓↓↓


まとめ

プログラミング教育が2020年度から小学校で必須化されます。

学習指導要領には”言語能力と同様に学習の基盤となる資質・能力”として位置付けられていますので、一過性のものではなく今後の教育の重要な事項です。

プログラミング教室には体験教室も準備されているところもあるので、まずは実際に試してみてはいかがでしょうか。