TOTO製のシャワーヘッドをタカギ製へ交換【写真で紹介】

TOTO製のシャワーヘッドをタカギ製へ交換【写真で紹介】 DIY

我が家のシャワーヘッドが、手元の水止めスイッチを押しても水滴がしたたり落ちるようになりました。

10年経過し、もはや寿命だと判断してシャワーヘッドを購入することとしました。

この記事ではTOTO製からタカギ製への交換を写真を交えて紹介していきます。

交換前 TOTO製 P07042 プラウドバス専用シャワーヘッド
交換後 タカギ製 JS436GY マッサージシャワピタヘッド
スポンサーリンク

交換前のシャワーヘッドはTOTO製

交換前のシャワーヘッドは、セキスイハイムの「プラウドバス」にパッケージされていたマッサージ機能付きのものでした。

P07042 TOTO プラウドバス専用シャワーヘッド

セキスイハイムのサイトでも買えますが、10,000円ぐらいするんですよね・・

モノとしてはこの10年間で何も文句なく快適に使えていましたが、公式サイトで純正品となればやっぱりお高いのかな と。

同じ10,000円を払うのならお得感のある代替品があるのではないかということで、Amazonや楽天で探してみることにしました。

交換後のシャワーヘッドはタカギ製

我が家での交換の条件としては下記の2点が最優先事項です(価格以外で)。

  1. マッサージ機能(ジェット水流)があること
  2. 手元で水が止められること

その結果、選んだのがタカギ製の「JS436GY」です。

 

予算的にはまだ余裕はありましたが、優先事項を網羅していることと評価を参考にしました。

Amazonにも楽天にも同じものがあり、値段もほぼ変わらずでしたが、今回はAmazonで購入しました。

>>> Amazonプライムで送料無料・ビデオ見放題を今すぐ手に入れる <<<

交換したタカギ製「JS436GY」を写真で紹介

シャワーヘッド本体と付属品がパッケージングされています。

タカギ「JS436GY」パッケージ

パッケージ裏面が説明書になっています。

タカギ「JS436GY」説明書

シャワーホース取付アダプターが2つ付属しています。

我が家のTOTO製他、国内主要メーカー製はアダプター不要です。

※G1/2(呼び13)使用ネジの場合

KVK製とMYM製の場合にアダプターの使用が必要になりそうです。

タカギ「JS436GY」取付用アダプター

Oリングも1つ付属しています。

これもTOTO製なら、あらかじめシャワーヘッド本体に付属しているOリングをそのまま使って良いようですよ。

※SAN-EI製のシャワーホースに取り付ける場合にのみ、付属のOリングを使用の必要あり。

タカギ「JS436GY」付属Oリング

シャワーヘッドの背面はシンプル。

手元の水止めボタンは全面と背面に貫通しているタイプですね。

交換前のTOTO製は貫通はしておらず、前面にのみボタンが見えていました。

サイズ感としては、TOTO製の方が一回りとまではいかないけど少し大きいです。

タカギ「JS436GY」背面

シャワーヘッドの全面には青いアクセントの付いた吹き出し口があるのが特徴的です。

この色付きの部分から出るのがマッサージ効果がある水流になります。

タカギ「JS436GY」左側 タカギ「JS436GY」右側

水流はシャワーヘッド周りにあるダイアルを回して切り替えることができます。

5種類もありますよ。

交換前のTOTO製も同じくダイアルを回して切り替えるタイプだった(2種類)ので、使い勝手は変わりません。

タカギ「JS436GY」水流切り替え1

タカギ「JS436GY」水流切り替え2

交換に少し手間取った

シャワーホースへの取り付けは、アダプターも使用せず簡単に取り付けられるものと思っていましたが、、、

 

今使っているTOTO製のシャワーヘッドが外れない・・・

 

TOTO製のシャワーヘッドのオンラインショップで商品の写真を確認したところ、ホースと一体型でないことは確認できました。

取り外しはできるはずですが、回そうとしてもびくともしません。

 

シャワーヘッドをAmazonで購入する際に、「よく一緒に購入されている商品」に交換に使うのであろう工具(レンチ)が表示されていたことを思い出しました。

え?工具がいるの?

・・・ちょっと嫌な感じ・・・

 

ですが、その後、ネットで調べてみたところ、単純に固く締まっているだけで工具が必須ということではありませんでした。

”ゴム手袋で開けられるよ”っていう情報を見つけました。

 

我が家にはゴム手袋がなかったので、ラテックス製の手袋を使ってみたのですが逆につるつる滑って駄目でした。

最終的には、「輪ゴムを数本適当にまとめて巻き付けて回す」というやり方で取り外すことができました!

 

▼交換前のTOTO製シャワーヘッド

TOTO製シャワーヘッド「P07042」

使ってみた感想・まとめ

結論から言うと、「交換してよかった・問題なし」です。

【Goodポイント】

  • サイズが一回り小さく・軽くなって取り扱いやすくなった
  • マッサージ水流は微振動もあって気持ちいい
  • 安い

【Badポイント】

  • 水流(水圧)が弱い

 

Badポイントだけ補足します。

もともと一戸建てということもあり、水圧は強いんです。

交換前のTOTO製のシャワーは”ブッシャー”って感じで勢いよく出ていましたが、このシャワーヘッドは優しい水流になっています。

マッサージの水流に切り替えると強めにはなりますが、水の出る面積が狭くなるためシャンプーやせっけんを勢いよく洗い流すことへの代替は厳しいです。

ですが、これも慣れるのではないかという許容範囲と思って使っています!

 

 

コメント